審美歯科や矯正歯科など、歯の状態に合わせて歯科を利用する。

医療機関では症状に合わせた治療をしてくれる

歯の矯正の為

矯正歯科治療費の傾向

矯正歯科治療における費用は矯正装置によって大きく変化します。例えば、矯正装置の中でも最も一般的とされている「メタルブラケット」は治療費がおよそ60万円前後であるのに対し、歯の裏側に装着する「リンガルブラケット」は100万円前後だと言われています。つまり、矯正装置の選択によって矯正歯科治療費は大きく上下するということです。 また、矯正装置に使用される材質を変更することでも治療費が高くなります。特に、セラミックなど審美性に優れたものに替えた場合には高くなる傾向にあるようです。 それに、歯科医院によっても金額に差があるので、治療を行う前に比較しておくことをすすめます。地価の関係もあり、都心部であるほど高く地方であるほど低くなる傾向にあるようです。

矯正装置と抜歯の関係

矯正歯科治療の基礎が出来上がったのはおよそ100年前の1900年初頭、入れ歯の安定について研究していたことがきっかけとなり矯正学が発展していくことになります。従来までの矯正歯科治療は抜歯のリスクが高く、特に顎が小さい日本人には抜歯が必要不可欠とされてきました。しかし、近年では抜歯のリスクを抑えるとされる矯正装置が開発されました。 それは「セルフライゲーションシステム矯正」と言われる矯正装置のことで、有名なところでは「デーモンシステム」や「クリッピーC」などがあります。従来の矯正治療が斜めに歯を動かすことに対し、セルフライゲーションシステムは側方拡大を得意としているため歯が顎に収まりきると言われています。このように、矯正学の発展によって今後も抜歯のリスクは少なくなるものと予測しています。