審美歯科や矯正歯科など、歯の状態に合わせて歯科を利用する。

医療機関では症状に合わせた治療をしてくれる

歯科の保険適用

保険適用の治療、しかし、一般的に高い治療代

インプラントの治療代は、概ね高めです。安い歯科であっても1本当たり十数万円、一般的には30万円程度といった具合です。治療代が高い理由は、コストがかかる治療であり、その上、治療代を全額、自己負担しなければならないからです。 インプラントは、平成24年4月より保険が適用される治療となっています。ですから、もっと治療代が安くなっても良さそうなものなのですが、保険適用後も相変わらず治療代は高いままです。 なぜなら、保険適用の条件が厳しいからです。ですから、ほとんどのケースで保険適用外の治療が行われており、それ故、保険適用となっても、あまり状況が変わらないのです。 ただ、保険適用になっている以上、保険適用で治療が受けられるケースはあります。ですから、従来では不可能だった、安い治療代でインプラントの治療を受けることは可能です。

噛む能力は天然歯と遜色がないレベル

ただ、高い治療代に見合った価値がインプラントにはあると言えるでしょう。 失った歯を補う治療は、古来より行われていました。しかし、どの治療法も必ずしも満足できる治療法ではありませんでした。満足できない大きな理由は、どの治療法も歯の固定に問題があるからです。従って、治療して歯を補っても、その歯で強い力を込めて噛むことは困難なのです。 その点、インプラントは、しっかりと歯が固定されていますので、強い力を込めて噛んだとしても問題ないのです。インプラントは人工歯根を埋め込むのですが、人工歯根はチタン製となっています。チタンには骨に強く結合するという性質があります。従って、人工歯根は顎骨と強く結合しているのです。 このチタンの性質が発見されたのは、1950年代のことです。そして、歯科医療に一般的に普及し始めたのが、1980年代のこととなります。それ以来、多くの歯科がインプラント治療を採用し、今ではインプラント専門の歯科があるくらいです。 インプラントの噛む能力は、天然歯に匹敵するほどのレベルです。ですから、治療代が高くても、インプラントの治療を受ける価値はあるのです。